ワキ脱毛の毛周期に沿ってするのが効果的!

効果的に脱毛ができるのは成長期の毛

ワキ脱毛を行う際には、毛周期が成長期に入っている段階で行わなくてはいけません。
人間の体毛は、単純かつ永遠に成長をし続けているのではなく成長期を通して退行期に入り、そして休止期に入ってまた成長期に移行するというサイクルで成り立っています。
当然ですが、成長期にない段階で体毛の処理を行ったとしてもあまり効果がありませんので毛周期を考慮して脱毛することは必須になります。
この体毛のサイクルは、1日や2日といったサイクルで行われるのではなく長い時には数ヶ月という単位で行われます。
ですから、一度成長期に入った段階で体毛を処理すると他の時期に処理する時と異なって持続的なワキ脱毛の効果を期待することができるのです。

休止期・退行期は自然に毛が抜ける期間

人間の身体の毛はずっと生え続けているわけではありません。
毛周期というものがあり、その周期によって毛が抜けたり生えたりしてきます。
毛周期は部位によって違ってきますが、毛穴の中でムダ毛が生え始めて徐々に成長し、伸びきるまでを成長期、成長が止まり自然に抜けてしまう退行期、次に生え始めるまでしばらく休憩を行う休止期という流れになっています。
ワキ場合には1日0.3o程度伸び、成長期から退行期、休止期を経て再び成長期に戻るまでのサイクルは約4か月だと言われています。
ワキ脱毛を行う時に数か月おきに通わなければならないのは休止期や退行期などの自然に毛が抜ける時期のものは再び生え始めたタイミングではないと処理ができない、ということが理由になっています。


エステサロンの勧誘は激しいのか?
さて、脱毛のためにエステなどに行こうとしている人が不安に思うこととして、
「勧誘がひどいんじゃないの?」ということがありますね。
確かに昔はひどいところが多かったのですが、現在は少なくとも有名サロンでは強引な勧誘はありません。
クリニックですとなおさら勧誘などはありません。
なぜかといいますと、そういう強引な勧誘をしていてはかえってお客さんは減ってしまうからです。
悪いうわさはインターネットですぐに広まってしまいますからね。
ですので現在は強引な勧誘は心配する必要はありません。
ワキ脱毛

 

毛周期は部位によって違う

ワキ脱毛の方法に興味を持っている人の中には、毛周期の特徴を把握しようとする人が大勢いるといわれており、しっかりと身体の部位のムダ毛の状態をチェックすることが必要となります。
ワキ脱毛に定評のあるサロンやクリニックでは、様々な悩みを抱えている女性に対して、丁寧な対応が捉えられているため、少しでもコンプレックスを抱えている場合には、しっかりと通院をすることがオススメです。
ワキ脱毛の毛周期の予想の仕方については、素人にとって理解をすることが難しいため、定期的にプロに診断をしてもらうことが成功のカギといえます。
その他、ワキ脱毛の価格帯や、アフターサービスの方法などを前もって調べておくことが良いでしょう。

ワキ脱毛の毛周期はどれぐらい?

サロンでのムダ毛のお手入れとして今最も多くの人が利用しているフラッシュ脱毛は、お手入れ箇所にライトを当てるだけというとてもスピーディーで手軽で肌にやさしい施術方法です。
痛みや熱さもありません。
ムダ毛の黒い色素に反応して毛根を弱らせていくという脱毛方法なので、比較的黒く太いムダ毛生えているワキは最も効果が出やすい箇所です。
ムダ毛には毛周期というムダ毛の生え変わりのサイクルがあります。
その周期は2〜3ヶ月ですので、それに合わせてサロンに通いワキ脱毛を進めていくということになります。
だいたい10〜12回程度のお手入れで脱毛が完了してスベスベできれいなワキになります。
費用も安く済みますので積極的に利用しましょう。

毛周期はホルモンバランスによっても変わる!

ワキ脱毛を効果的に行うためには、ホルモンバランスに注意をしながら、継続的に施術を受けることが大きなコツと言えます。
最近では、毛周期の特徴について、様々な場面で取り上げられることがありますが、少しでも見栄えを良くしたい時には、プロのエステティシャンに対応をしてもらうことがおすすめです。
人気の高い脱毛方法に関しては、多種多様な情報誌などで特集されることがあるため、十分に知識を身につけることがテーマとなりつつあります。
ワキ脱毛の施術をすべて完了するまでには、数カ月以上の時間が必要となることから、各自の生活のリズムに合わせて、無理せずムダ毛の処理に取り組むことが大きな成功の秘訣として捉えられています。